« American English | トップページ | FY Done! »

2012年4月21日 (土)

Jan through April...

大変にご無沙汰しています。

一気にいろんなことがあって、あれもこれも時間をかけて書きたいからまた今度にしよう、、、と思っていたらもう4月も下旬。

今日は少しだけでもこの4カ月どんなんだったかを書きたいと思います。


1月。最後のコアのTerm。あいかわらずOPS、DAはおもしろく、Marketingがいまいちよくわからんという感じで終わりました。6科目テストはやっぱりきつい。やる気ぎれが途中でおきますね。


3月。GBEに参加。Global Business Experiencesの略で、インド、ブラジル、などなどのチャンスがあります。(イスラエルは5月GBE)。私は中国(北京、上海)に参加。中国国内の葛藤が理解できて個人的には収穫あり。通訳やロジが悪かったということで、アメリカ人からの評価はずたぼろでしたが。


GBE中にTiffanyのNYの人事部から連絡をもらい、日本とのコンタクトを開始。
もろもろ*でアメリカ国内無給インターンをほぼ完全にあきらめかけてた時に、
Tiffanyから日本での可能性をきき、やってみることにした次第です。
Job Trekで唯一惚れ込んだ企業がTiffanyだったので、日本だろうとTiffanyのビジネスに関われるのは楽しみです^^
私の上司の上司がDardenの卒業生にあたり、何かとご縁を感じます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
もともろ*の事情。。。
NPO、NGO、大学生用無給インターンというのはやりたいことから外れそうなため、除外。
1)無給でアメリカで働くというのは労働法に抵触してVISA剥奪の可能性がある(以前1件あった)、とInternational Students Officeからは釘をさされ、そんなリスクをおかしてまでは働きたくない。
(無給じゃなきゃいけないのは、派遣元からの条件。)
2)会社に内緒で有給インターンしても、税金関係で結局ばれそうなので、そんなリスクもおかしたくない。国際的な税金の仕組みを勉強すればいいんでしょうが、そこまで調べてる暇があったらケースの予習をすべき。。。
3)無給でアメリカ国内のどっかに移って生活をしていくというのはかなり金銭的にも気持ち的にもきつい。
4)地元のEntrepreneurのお手伝いも考えたけど、Dardenを通して探すと全て有給の条件になる。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


4月。Term Cという変わったプログラム。最初の1週間はマーケティングシミュレーションで競い、その後の1週間は人事戦略について学びました。マーケティングのシミュレーションは非常に良かった。6人でチームをくみ、自動車業界にて自社の業績を伸ばしていくゲーム。経済(石油価格、インフレ、GDP成長率)、他社動向、各自社製品の開発コスト、プロモーションコスト、ディーラーの数、各自社製品のブランディング、ファイナンスなどなど全てをひっくるめたシミュレーションでやりがいがありました。チームに恵まれこれまたAccumulated Net Incomeは1番に。このシミュレーション、ミシガン大学で作られたもの。さすが自動車業界の街。


直後、休みもなくTerm5, Elective coursesがスタート。
人気授業全てをゲットでき、どれもおもしろいものの、結構準備が大変。
ただ、コアと違ってどれも興味がある科目のため、なんとか集中力が持続。


もっと色々あるけど、ざっと振り返るとこんな感じの1月~4月です。

« American English | トップページ | FY Done! »

Darden」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1536093/44974569

この記事へのトラックバック一覧です: Jan through April...:

« American English | トップページ | FY Done! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ